食べ物&観光地

ミン家ダホン
날짜 : 2010-03-05 09:57:43 글쓴이 : Green 조회수: 1344

伝統と西洋式があわさった最高の味と雰囲気を満喫してください!

 
 
ミン家ダホンの歴史


1900年代初期、グハンマル、明成皇后の親戚であり、子孫であるミンビョンオクの邸宅。ミンビョンオク家。
韓屋に玄関を作り、トイレと浴室を内部におきこれにつながる長い廊下がある当時としては破格的な形態の近代建築形式が取り入れられた韓国最初の改良韓屋。
1930年、ファシンデパートを設計した建築家、朴ギルヨンの作品で、西洋文化が入り始めた初期の改良韓屋の歴史がわかる貴重な民俗資料として現在ソウル市民俗文化財第15号に指定され、保存されています。

 

ミン家ダホンの誕生

すでに外国では古い城や邸宅、宮廷などを改造して図書館、博物館などの文化施設、レストラン、ラウンジなどの飲食スペースに変えて使用する例が多いです。
ミン家ダホンは韓国で見られるそのひとつの例です。
昔の姿を守りながら剥製のままで残るのではなく、韓屋の美をもった既存の建築物と伝統美を紹介する美しい文化と楽しさが共存する場所。
20世紀初頭、西洋文化が初めて導入され始めたとき西欧式生活様式があいまって、より積極的に外国人に歩み寄ろうとした東西洋の出会いをテーマに新しく誕生した飲食スペースです。

 

ミン家ダホンの構造

広く筒抜けに見通せるのではなく、韓屋の構造の特性によって各部屋の建築概念を最大限に生かしました。大きく4つの特色がある室内空間と野外テラスで構成されているミン家ダホンは、訪れるたびに毎回新鮮さを感じられるところが長所です。

 

▶ カフェ

韓屋の母屋の概念を取り入れ落ち着いた女性的な空間にかざったカフェ。高い天井に垂木が美しい姿をあらわにしている。

 

ダイニングルーム



収穫の豊穣とこれを祝う晩餐を象徴するダイニングルーム。
既存の壁面に木のよさをそのまま生かした柱とすっきりしたふすまと窓の文様から調和と構造の美しさが感じられる。

 

▶ 図書館


タイムマシーンに乗って1900年代に戻ったよう。
グハンマル外国大使館クラブを連想させるビクトリア様式の男性的な雰囲気の図書館。

 

▶ テラス

ふすまには障子紙がきれいに張られ、広い窓には麻布のブラインドがかけられているテラス。明るい日の光が暖かく差し込むこの部屋で裏庭を眺めると、お茶一杯でもひっそりとして生活のゆとりが感じられる。

      メニュー紹介を押すと該当ベージに移動します。

 

資料出処 : ミン家ダホン

⊙ 홈페이지 : http://www.greenkorean.co.kr, hit:429



☞ "그린한국어센터와 문화 체험을 함께 하세요" : 신청하기